梅毒治療

梅毒治療

梅毒の治療の目的はトレポネーマを死滅させることであって、梅毒血清反応を陰性にすることではありません。
トレポネーマはペネシリンに感受性が高く、これまで耐性獲得は認められていません。したがって、抗生物質の中でもペニシリンが最も有効で安全で廉価な薬剤であり、梅毒治療の薬としてもっとも多く使用されています。
ペニシリンが発見される前は治すことの出来ない病気だったのですが、風俗関係で働いている花魁などでは感染を一人前として認めていた時代もあり、今となってはカルチャーショックの大きい性病の一つでもあります。
コンドームを使用することが,梅毒の予防となります。梅毒であるかどうか確定することは,医療機関での検査でしかわかりません。外見上なんの異常もなさそうに見えても,梅毒の傷は,膣や直腸や口の中に隠れていることがあります。性交渉の後で放尿したり陰部をよく洗ったりしても,梅毒を含む性病・性感染症の予防にはなりません。特に陰部における,いつもと違う分泌物,傷,発疹などが出現したときには,性交渉を控え医療機関を受診することが大切です。
性病などのクリニックでは専門スタッフが丁寧に対応してくれますので、恥ずかしがらずに早めに相談するのが良いでしょう。中には24時間対応してる所も御座います。